技能実習制度について

技能実習制度とは

開発途上国から外国人研修生を受け入れ、日本の企業における研修・技能実習により実践的な技術を習得させ、開発途上国 への技術移転を通じ、
国際貢献に寄与することを目的とした制度です。

葉っぱロゴ 滞在期間 最大5年間(3年間の実習終了後、一旦帰国したのちに最大で2年間の実習延長が出来ます。)
※企業様が優良な実習実施者に認定され、実習生が上級試験に合格すれば 技能実習3号への移行(実習期間5年)が可能になります。

技能実習生の受入人数枠

受入企業等の常勤職員数
技能実習生の年間受入人数枠
 301人以上  常勤職員の5%未満
 201人以上300人以下  15人
 101人以上200人以下  10人
 51人以上100人以下  6人
 41人以上50人以下  5人
 31人以上40人以下  4人
 30人以下  3人
実習状況写真 外国人研修制度の図解