Q&A

質問 組合加入にあたり準備するものは何ですか?
答え 申請に必要な書類は下記の通りです。
  ・会社登記簿謄本・直近年度の決算書
  ・従業員数を確認できる公的書類(概算労働保険料計算書、決算申告書等)常勤職員数
  ・営農証明書(該当業種のみ)
  ・パンフレットまたは会社案内
  ・現在雇用している外国人名簿(外国人を雇用していない場合は必要ありません)
  ・その他の組合所定の書類
質問 技能実習期間は何年ですか?
答え 技能実習期間は合計3年です。
  1年目終了時点で、各技能検定に合格をした場合に、さらに2年間在留期間が与えられます。
質問 どのような業種で受け入れ可能ですか?
答え 受け入れ対象職種は下記の通りです。
  外国人技能実習生は、こちらの作業につき、全国各地で受け入れることができます。
  販売、接客などサービス業の職種では受け入れができません。
質問 企業が事前に準備するものは何ですか?
答え 生活必需品(調理器具、ガスコンロ、食器、炊飯器、冷蔵庫、洗濯機、布団、自転車、冷暖房機、テレビ等)が必要です。
質問 実習生の住居や食事などは?
答え 実習生の住居は企業でご用意いただく必要があります。
  寝室で1人3畳以上、それ以外にキッチンが必要となります。お風呂はシャワーがあればかまいません。
  食事は基本的に自炊をします。
質問 外国人技能実習生の受け入れ費用はどのくらいですか?
答え 組合出資金、組合年会費、事務手数料、組合管理費、送り出し管理費、往復渡航費用、
  集合研修宿泊費用、JITCO保険、JITCO年会費があります。
質問 入国のための手続きは?
答え 外国人技能実習生を合法的に受け入れるには、多くの法的な手続が必要になります。
  入国手続きは、当組合事務局がすべて対応いたします。
質問 技能検定試験とは何ですか?どんな勉強が必要ですか?
答え 技能検定試験は、実習中の技能習得度をテストするもので、各都道府県の職業能力開発協会または(社)日本農業法人協会等
  が主催します。
  試験の内容は「学科試験」と「実技試験」から構成されています。実技試験は実習中に行っていた作業とほぼ同じです。
  学科試験の問題は日本語で書かれているため、実習期間中は熱心に日本語に取り組むよう指導が必要です。
質問 実習生が怪我や病気になったら?
答え 実習生は健康保険に加入することが義務付けられていますので、日本人と同じ条件で医療機関にて治療を受けることが
  できます。その他、外国人技能実習生総合保険がございます。詳しくは、こちらへ。
質問 日本語は通じますか?
答え 実習生は来日前に約3ヶ月、日本語研修を受けていますので、簡単な日常会話程度は可能です。
  実習終了後の技能検定試験が日本語で出題されますので、日ごろから日本語教育には力を入れてください。